<< 底はドコ?ヒィ━━(゚Д゚;)━━━ッ | main | 新婚旅行はラスベガスです >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |

今回の円高の要因

FXトレーダーのブログを参考にしてます。

外国為替ブログナビ FX−BLOG
http://fx-blog.jp/

ここは、個人のFXトレーダーの日々の日記のほかに
プロ・元プロ・セミプロの日記もみれるのが興味深い。

今回の円高に関して興味深い記事があったので一部抜粋。

為替アナリスト 山岡和雅のダックビル研究所 3/1の記事

今回の動きのきっかけといわれているのが
中国株を中心とした新興国市場株式の下落です。

日本でも、中国株やインド株投資に関する本や雑誌の特集などをよく見かけるように
世界的に投資ブームとなっている新興国株式市場ですが、
このところ、さすがに投資の過熱感が懸念されていました。

そうした中で、先週金曜日にインドのムンバイSENSEXが大幅下落
火曜日にはいって上海株式市場が大幅下落となって、一気に新興国市場投資への警戒感が強まった形です。

中国株がブームとはいえ、上海総合指数の時価総額はTOPIXの約1/5程度。
市場規模が小さいと、一旦売りの嵐が起きると、値動きが激しくなるため、普通は慎重に投資を行うものです。しかし、このところ世界的に投資資金が余剰気味で、高収益獲得の場を模索した資金が、新興国市場に過剰に流れ込んでいたことが、今回の動きを呼んだとみられています。

つまり、新興国市場下落によって、投資家は自身のポートフォリオ全体のリスクを軽減する必要が高まり、リスクアセットである株式を売却した。
また、同じくハイリスクな取引である円キャリー取引に対しても、ポジションを解消して、リスクを減らす必要が生じた。
という一連の流れです。


だそうです。ヤレヤレ… ヽ(゜〜゜o)ノ

中国株の下落とあったので、目をつけている中国人寿という株をチェックしたら
30.00ちかかったものが20.00をくるほど下落してました。

あああ・・・・。

さて、この円高の波 いつまでつづくのかな。

個人的には、今週の後半がらまた折り返すような気がするのですが(ポンドはなんともいえません)

そうしたら、
米ドルを買い カドルを追加買いでナンピン 南アもナンピン ユーロもしこみたい
と野望だけは盛りだくさんですが資金がちょっとね・・・。

ともかくこの円高の波をのりきります!!
| FX | comments(1) | - |

スポンサーサイト

| - | - | - |

むっく (2007/03/05 10:14 PM)
イヒ☆彡
リカクしちったよ〜ん。
熱が出たよ〜ん。
∠(@O@) ビシッ!










dot dot
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>